痛風 痛み止め 薬

Sponsord Link


痛風は治療よりも、まず痛み止めの薬

痛風の発作が始まったら、まずするべき事は痛み止めのための薬の服用です。
治療のための薬の服用は、痛みがある程度引いてからにします。
痛風は尿酸値が高いのが原因で罹る病気ですが、だからといって発作が出た時、血中尿酸値を下げる薬を飲むと、かえって痛風の発作を悪化させてしまうことが多いのです。
そのため、まずは痛風の発作である関節炎の痛みを緩和する必要があります。
それぐらい痛風の発作時の関節炎の痛みは激しくて辛いので、まずそれを薬で緩和していきます。
何度か痛風の発作を経験されて、ある程度痛風の発作に慣れた方でしたら、発作が起こる前に足の親指あたりがムズムズしてくる発作の前兆を感知する事ができます。
その段階で、すぐにお医者さんに診てもらって、コルヒチンを投与してもらうと、とても効果的に痛風の発作を抑える事ができます。
しかし、一旦痛風の発作が始まったら、もうコルヒチンは痛み止め効果を発揮してくれません。
初めて痛風の発作を経験する方は、その前兆に気づきにくく、軽い発作で抑える事も難しいのですが、ある程度慣れれば、早い段階で痛風の発作を認識し、最小限の発作にくい止められます。
痛風の痛み止めに用いられる薬としては、一般的にロキソニンなどの「NSAIDs(非ステロイド系抗炎症鎮痛薬)」が投与されますが、NSAIDsでも改善されない場合は、ステロイドを服用したり注射します。

 

痛み止め薬は痛風の痛みがおさまるまで

痛風の痛み止め薬は、痛みがなくなったら服用しないようにします。
痛風の痛みや腫れは、関節に沈着した尿酸塩結晶を白血球が攻撃して溶かそうとする際に、生じるのですが、痛み止め薬はその活動を抑制する働きがあるからです。
ですから、痛みがないのに服用してると、結果として体内の尿酸塩が減るのが遅れて、痛風が治りにくくなってしまうのです。

Sponsord Link