痛風 痛み止め バファリン

Sponsord Link


痛風の痛み止めにバファリンは使わない

「バファリン」というと、頭痛や生理痛緩和で有名な、比較的昔からある鎮痛剤ですが、これを痛風の痛み止めに使うのはやめておいた方がいいでしょう。
というのも、バファリンにはアスピリン(アセチルサリチル酸)が含まれているのですが、アスピリンを服用することにより、尿酸値を下げたり上げたり変化させてしまうからです。
痛風の発作中は尿酸値は低めになっていますが、バファリンの服用で尿酸値が上がったり下がったりすると、それだけで痛風の発作を悪化させてしまって、激痛や腫れが現状よりさらに増すことにもなりかねません。

 

痛風の痛み止めに使えるバファリン以外の市販薬

痛風の痛み止めの市販薬を薬局で手軽に買うとするなら、「イブ(EVE)」の評判が良いのでオススメです。
頭痛や生理痛の緩和にイブを服用される女性も多いようですが、バファリンのように痛風の発作を悪化させることなく緩和してくれます。
もちろん、イブでも痛みが引かない方もいらっしゃいます。
イブより強力な痛風の痛み止め市販薬としては「ロキソニンS」もオススメです。
しかし、ロキソニンは効き目が強いだけに、イブより副作用や注意点が多く、薬局やドラッグストアーでも薬剤師に相談して買わないとと売ってくれないので、注意が必要です。
痛風の痛み止めにはバファリンを避ける事はもちろんですが、本来素人判断で市販薬を服用するのは、あまりオススメできません。
薬局に行けるぐらいぐらいなら、あるいは市販薬の服用で痛みが緩和したら、やはり病院などに行って専門医に診てもらった方が良いでしょう。
そして、医師の指導の下で、その方の体質に合う痛風の痛み止め薬や治療薬の投与を受けて下さい。
薬局で市販の痛み止め薬を買うのは、痛風の発作がひどくて医院に行けない時の応急的処置と思っておいた方がいいいかもしれません。

Sponsord Link