痛風 痛み止め ナイキサン

Sponsord Link


痛風の痛み止めにナイキサンが向いてる理由

痛風の発作が起こった場合、治療としてはまず激痛を和らげるための傷め止め薬の投薬が先決となります。
痛風の痛み止めには原則的に非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs=nonsteroidal anti-inflammatory drugsの略称)を用いるのですが、ナイキサンもそんなNSAIDsの一つです。
ナイキサンというのは商品名の中の一つで、ナプロキセンの事です。
ナプロキセンはジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)やロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン)と同じく、痛風の治療にもよく使用されます。
ナイキサンは解熱、鎮痛、消炎作用があって、しかも副作用は比較的少ないとい特徴があり、痛風の痛み止めに効果的に使用することができます。

 

ナイキサンを痛風の痛み止めのため効果的に使う方法

ナイキサンの効き目が速くて副作用も少なめという特徴を活かすべく、「NSAIDパルス療法」という投薬法が行われる事が多いようです。
これは短期間に集中的に多めのナイキサンを服用するという、痛風の痛み止めに効果的な方法です。
痛風の激痛が起こった最も辛い日に、例えば300mgのナイキサンを3時間ごとに3回服用して、翌日からは1日に400〜600mgを服用する方法とか、あるいは初回に400mg〜600mg服用して、その後は200mgずつを1日に3回服用したり、300mgを3時間ごとに3回服用する方法もあります。
いずれにしても医師の指導の下で服用する必要があるのはいうまでもありません。
副作用が穏やかとはいえ、皆無ではないので、服用後の体調の変化には十分気をつけて服用する必要があります。
胃潰瘍や腎機能障害のある方は、このNSAIDパルス療法は向いてないのでご注意下さい。
ナイキサンの服用は、痛み止めのための対処療法であり痛風の治療効果はないので、治療のための薬の服用や、生活習慣の改善なども行わなければなりません。

Sponsord Link