痛風 痛み止め 市販薬

Sponsord Link


痛風の激痛を和らげる痛み止め市販薬の選び方

痛風の激痛は、夜中に突然やってくることが多いです。
大抵は足の親指の付け根あたりが激しく痛くなって、熱をもって足も腫れたりします。
こんな痛風の症状が出たら、なにはともあれ、お医者さんに診てもらうのが一番ですが、真夜中や明け方では医院や病院もまだ診察時間外です。
それに、激痛のために歩くどころか、靴下や靴を履く事すら辛い状況の方が殆どです。
痛風の激痛は1週間から10日ぐらいでなくなるケースが多いので、とにかく今の激痛を何とか持ちこたえたいですよね。
そこで頼りになるのが痛み止め薬の服用です。
初めて痛風の激痛に見舞われたような方は、お医者さんの処方箋もない状態で市販薬を買い求める事になります。
しかも当のご本人は激痛のため歩けないので、ご家族の誰かに買いに行ってもらいます。
その際、薬剤師さんには「痛風の痛みを和らげる薬」だと、ちゃんと説明する必要があります。
また、自己判断で頭痛によく用いられるバファリンなどを買ってきて服用させると、かえって痛風の症状を悪化させる場合もあります。
バファリンのようなアスピリン(アセチルサリチル酸)系鎮痛剤は尿酸値に影響を与え、その影響で痛みが増したりするので、まず服用は避けた方が良いでしょう。

 

市販薬の痛み止め薬は、あくまで痛風の激痛緩和の応急処置

市販薬を服用するのは、あくまでお医者さんにかかれない程の辛い激痛を緩和するための一時的な緊急処置にすぎません。
市販の痛み止め薬服用によって、ある程度痛みが和らいで歩けるようになったら、必ずお医者さんに行って、お医者さんが処方してくれる薬を服用するようにして下さい。
それでも痛風の際に服用する痛み止め薬は、あくまで対処療法の一つの手段にすぎません。
尿酸値をこれ以上増やさないよう、プリン体が多い食品を控えたり、水分を十分にとるようにしたり、便秘を治すなど、それまでの生活習慣を見直して改善していく必要があります。

Sponsord Link