痛風 原因 ストレス

Sponsord Link


ストレスが原因で痛風に罹ることもある?

ビールやウニなど、プリン体が多く含まれる食物を殆ど食べないのに、痛風に罹ってしまう方もいらっしゃいます。
実は痛風の原因はプリン体の過剰摂取のみに止まらず、激しいストレスが原因で痛風に罹ってしまうケースもあるのです。
そもそもプリン体は人体をはじめとする全ての生物のDNA内に存在し、人体内でも生成され、肝臓で分解され尿酸となり、尿として排出されます。
牛乳などを除く全てのDNAを含む食物にプリン体が存在するのです。
しかしプリン体を多く含む食物を好んで食べて、自分の排泄能力を超えるプリン体を摂取したり、ストレスによって体力が衰えて排泄能力が衰えると、尿酸は体内に蓄積し、結晶化した尿酸塩となって関節部分にたまり、それが激痛を引き起こします。

 

帝王並みの生活習慣とストレスが原因で痛風に

かつて痛風は「帝王病」とも呼ばれていました。
昔の痛風患者といえば、贅沢な食事をたらふく食べて、運動不足気味な王侯貴族や裕福な階級の人が多くを占めていました。
しかし今では我々庶民の食生活も豊かになり、生活は便利になって運動量も減り、「帝王」以外の人々も痛風に罹りやすくなってます。
食物の他に、ストレスも痛風に罹る大きな原因です。
王侯貴族というと、やはり何かとストレスが多いのですが、現代社会に生きる我々も、仕事や家庭で多くのストレスを抱えています。
プリン体を多く含むものを好むなど、偏った食生活や、運動不足などの生活習慣に加えて、ストレスや、それを解消するため暴飲暴食が続くようですと、王侯貴族並みに痛風に罹りやすくなってしまうのです。
一般的に痛風患者は男性が多いのですが、それは女性ホルモンの利尿作用が関係してるようです。
でも激しいストレスでホルモン分泌が減少すると痛風に罹る女性も多いようで、やはりストレスは上手に発散したいものです。

Sponsord Link

痛風 原因 ストレス関連ページ

原因 食べ物
原因 腸