痛風 原因 食べ物

Sponsord Link


痛風の原因となる食べ物について

よく「風が吹いただけで激しく痛む」といわれる辛い病気「痛風」。
痛風に罹る原因としては、尿酸が体内に蓄積されることによって生じる「尿酸塩」が挙げられます。
つまり尿酸塩の結晶がガラス状になっていて、これが患部に刺さって、痛風による激痛をもたらすのです。
ということで、痛風の原因といえば、まず尿酸を生成する「プリン体」の摂り過ぎが上げられます。
では、問題のプリン体を多量に含む食品というと、何があるのでしょうか。
まず、魚や肉の内臓部分のあん肝やイサキの白子、レバー、肉や魚では、牛肉ヒレステーキ、豚ロースステーキ、カツオの切り身があります。
鶏卵はプリン体の心配はないものの、たらこ、うに、キャビアなどは多いので、過剰な摂取は禁物です。
アルコール飲料では、ビールがダントツでプリン体が多く含まれているのは、皆さんもご存じかと思います。
痛風予防のため、なぜプリン体を多量に含む食品を控えるのかというと、プリン体が体内で分解する際にできる「尿酸」と、それが結晶した尿酸塩が、痛風の激痛ひきおこす直接の原因といわれているからです。

 

痛風の原因はプリン体を含む食べ物以外にもある

最近はプリン体の過剰摂取による尿酸よりも、他の要因によって体内で生成される尿酸の方に大きな原因がある、という説が有力となっています。
その一つが肥満や水分の摂取不足です。
肥満は尿酸が多く生成されやすくなりますし、さらに水分不足が重なると、尿酸が尿として排出されにくなる上に、結晶化した尿酸塩が蓄積しやすくなり、痛風の原因になってしまいます。
果実も多量に摂取すると、果糖の過剰摂取は尿酸生成を促進するので、やはり控えておいたほうがよさそうです。
とにかく何でも食べ過ぎない「腹八分目医者いらず」という教訓が、痛風の予防にも当てはまるのではないでしょうか。

Sponsord Link

痛風 原因 食べ物関連ページ

原因 ストレス
原因 腸