痛風 食事 メニュー

Sponsord Link


痛風の際は食事メニューを和食的にしましょう

痛風はダイエットが大事ですがやり過ぎは注意です

痛風になったとき、やはりいちばんに気にするのは食事療法ですね。
そのメニューはどんなものがよいのでしょうか。
基本的に痛風対策として有効とされる食事は、主食と主菜、そして副菜の揃った野菜中心のバランスのとれた食事です。
肥満傾向にあるのであれば、まずは体重を絞るように心がけましょう。

 

ただし、急激なダイエットはしないよう気をつけてください。
急激なダイエットは痛風の原因である尿酸の過剰生産を促してしまいます。
食べ過ぎに注意して、少しずつ減らしていくことが大事なのです。

 

洋食から和食へと食事メニューを変化させましょう

メニューとしてはどんなものがよいのでしょうか。
ダイエットメニューを心がけるようにしましょう。
一番良いのは、和食にすることです。
日本で痛風患者が増えている一番の原因は洋食形式への移行が挙げられます。

 

かつて日本では痛風患者は少なかったのです。
それが今では性別年齢問わず、痛風患者は増大する一方です。
それならば、食事メニューへと移行することが一番よいのではないでしょうか。

 

季節によってメニューは変わるものですが、ぶりの照焼や里芋の煮っころがし、きのこの炊き込みご飯などもよいかもしれません。
もちろん、食べ過ぎには注意してください。
エネルギーやアルコールの過剰摂取を控えるようにし、魚や大豆から良質のタンパク質を吸収しましょう。
きのこや野菜、海藻を摂取すれば尿酸の排出は促されます。

 

痛風の撃退で一番大事なのは如何に尿酸を体外へと排出することなのです。
そのことを気をつけるように食事のメニューを組んでみましょう。
痛風療養でもっとも良いのは食事療法を心がけることです。
栄養を摂取し過ぎず、しかし枯渇させ過ぎず、バランスを心掛けることで痛風を撃退することができます。

Sponsord Link