痛風 食事 コーヒー

Sponsord Link


痛風の発症率を下げる食事療法にはコーヒーが適切です

実は痛風に効くコーヒーという存在

痛風になったときは食事療法が気になるところです。
しかし、控えた方がいい食べ物はいろんな食べ物が知られていますね。
アルコールはやめましょう。
糖分の摂取は抑えましょう。
しかし、これは摂取しておくべきですというものはなかなかありません。

 

痛風に公開のある食べ物や飲み物はないのでしょうか。
いえ、そんなことはありません。
実はあります。
それはなんとコーヒーです。
ブリティッシュコロンビア大学の博士の発表した研究成果によると最低1日4杯以上コーヒーを飲んだひとは、全く飲まないひとに比べて、痛風の発症リスクが抑えられることがわかっています。

 

4杯に満たない場合でもコーヒーを飲んでいる方がよいとされています。
6杯が最高だそうです。

 

コーヒーのどんな成分が痛風に効くか知りましょう

コーヒーの中のどんな成分が痛風に効くのでしょうか。
実は紅茶を飲んだ場合はコーヒーと違って痛風には効果が無いことも分かっています。
なので、カフェインが発症を抑えているわけではありません。

 

むしろ、カフェインは利尿作用があるので、実は痛風を患っているひとには逆効果です。
痛風患者は水分補給を欠かしてはいけません。
常に体内に水分を充たす必要があります。

 

実際、コーヒーの成分で痛風に効果があるのは高濃度フェノールクロロゲン酸です。
ノンカフェインコーヒーでも構いません。
ただし、気をつけねばならないのは、砂糖とミルクを絶対使ってはいけません。
それは肥満の元であり、より痛風が悪化していくばかりです。
気を付けましょう。

 

もちろん、お茶請けも気を付けましょう。
そこで糖分を摂取してしまっては元も子もありません。

 

用法用量を守り、正しくコーヒーを飲めば痛風に恐怖する必要はありません。
コーヒーをきちんと使いこなして痛風を撃退しましょう。

Sponsord Link