痛風 食事 豆腐

Sponsord Link


痛風の予防として豆腐を使用した食事はいいのか?

豆腐の原料である大豆は、タンパク質を多くとれるということで、ダイエット食品としては注目されている健康に良い食品であるのは間違いありません。
しかし、痛風にかんしては大豆に関係する食品は、プリン体がやや多いということで痛風予防には、あまりいいものではないということです。
もちろん、プリン体を多く含むといっても、レバーや大正えびのようなものよりは断然少ないのですから、大量に食べなければ健康にもいいので適量食べることはいいでしょう。

 

では、豆腐はどうなのか?
プリン体は水に溶けやすい働きがあります。
そのため、豆腐を作るのに水を使うのでプリン体が溶け出していってしまい、他の大豆を使う食品よりも、豆腐はプリン体の含有量が100g中20mgと少なくなっています。
この含有量の少なさは白米よりも少ないとされています。

 

つまり、痛風がいやならば豆腐を食べるのがいいのではないでしょうか。
痛風は肥満、つまりメタボリックシンドロームにより発症する可能性が格段に高くなる病気です。
だから、効果的に栄養を取ることができ、ダイエットの効果がある豆腐は痛風には非常に効果的な食品であるといえます。

 

痛風の治療の為、食事で豆腐を食べない方がいいのか?

よく一般的に痛風になったら、納豆や豆腐を食べない方が良いといわれています。
これは、大豆にプリン体がやや多く含まれているからというのが、この通説の原因であります。
しかし、日本人の場合は、摂取するプリン体よりも体内で作られるプリン体の方が多いとされています。

 

また痛風の原因の1つにあげられるのは、肥満です。
有用な栄養素が含まれた豆腐や納豆を食べることは、痛風の治療のためのダイエットには有用な働きがあるといえるでしょう。

Sponsord Link