痛風 食事 プリン体

Sponsord Link


痛風の原因となるプリン体を多く含まれる食事とは

痛風は高尿酸血症が原因で引き起こされる病気です。
食事で摂取されるプリン体は、体内で尿酸になり最終的には尿として体外に排出されます。
プリン体とは、細胞の核を形成する成分であり、人間が食べる食品の大半のものに含まれています。
うまみ成分の1つなので、おいしい食品には多く含まれている傾向があります。

 

さて、100g中にプリン体が300mg含まれていると極めて多く含まれている食品は以下のとおりです。
鶏レバー、マイイワシの干物、イサキの白子などです。

 

次に100g中に200mgから300mgプリン体が含まれている、プリン体の多い食品は以下のとおりです。
豚レバー、牛レバー、カツオ、マイイワシ、大正えび、さんまの干物などです。

 

次に100g中50mgから100mgプリン体が含まれている、プリン体の少ない食品は以下のとおりです。
ウナギ、カワサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛タン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、ツミレ、ほうれん草などです。

 

最期に100g中50mgプリン体が含まれている、プリン体の極めて少ない食品は以下のとおりです。
コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、ウインナーソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、うどん、そば、白米などです。

 

痛風を予防するには食事でプリン体をとらなければいいのか

痛風を予防するには、食事でプリン体をあまりとらないというのはいいことであるといえます。
プリン体があまり入っていませんが尿酸値を高めるビールなどの摂取も控えるのもいいでしょう。

 

しかしながら、日本人は体外から食事として摂取するプリン体よりも、体内で作られるプリン体の方が多いといわれています。
プリン体を制限するよりはカロリーコントロールに力を入れた方が良いかもしれません。

Sponsord Link