痛風 食事 チーズ

Sponsord Link


痛風の食事治療、チーズは有効なのでしょうか

痛風は高尿酸血症が原因で引き起こされる病気です。
血液中に尿酸が溶けきらず、関節などで結晶化して痛みを起こすというものです。
この原因はストレスや偏食などの不摂生が原因で起こります。

 

さて、痛風の原因であるこう高尿酸血症を改善するためには、体内をアルカリ性に保つことが良いとされています。
体内がアルカリに向かう食品を多くとればいいということです。
極端にアルカリ性になってしましますと、逆に悪くなってしまいますので、きちんとバランスよく食事をとることが重要です。

 

さて、チーズやヨーグルト、低脂肪牛乳はアルカリ性の食品であり高尿酸血症には高価のある食品といわれています。
つまり、痛風の予防、改善に効果が認められています。
チーズには良質なタンパク質、脂質、カルシウム、ビタミンA・B群などの栄養素が含まれています。
しかしながら、チーズは肥満気味な人は多く摂取するのは、あまり良くないとされていますので食べ過ぎには注意をしましょう。

 

痛風になりにくい食事・食品であるチーズ

痛風は体内で作られるプリン体の方が、食事から摂取するプリン体よりも少ないとされています。
そのため、痛風になったからといって昔のようにプリン体が多い食品、つまり、鶏レバーや大正エビ、白子、カツオなどを制限されるということはなくなってきています。

 

だからといって、プリン体を多く摂取すれば痛風になりやすくなりますし、肥満の原因となり、肥満体になりますと痛風になりやすくなります。
だから、チーズやうどん、そばなどのようなプリン体の少ない食品を優先してとるようにして、適度な運動を心がけるようにすれば、痛風になりにくい体になるというわけです。

Sponsord Link