痛風 食事 レシピ

Sponsord Link


痛風を治すための食事のレシピとは何に気をつければいいのでしょう

痛風の原因になるのは、本来は体の外に尿として排出されなければならない「尿酸」です。
尿酸とはプリン体の老廃物です。
痛風を治すためには、「プリン体を減らす」「体内に入った尿酸を分解する」ことが重要になってきます。

 

一昔前の痛風治療では、エビやレバー、酒のようなものを絶対に口にしてはいけないというのが一般的でした。
しかし現在は、体内で作られるプリン体の方が、食料品から摂取したプリン体よりも多いということがわかっていますので、このような食事制限はされません。
どちらかというと、食べる量を減らすようなカロリーコントロールをメインにおこないます。
また、尿の酸性化を妨げるために、尿をアルカリ性にする食品を多くとることが良いとされています。
つまり、「ひじき」「わかめ」「昆布」「干し椎茸」「大豆」「ほうれん草」「ごぼう」などです。

 

逆に尿を酸化させてします食品は以下のようなものです。
「卵」「豚肉」「サバ」「牛肉」「あおやぎ」「かつお」「ほたて」「ブリ」「アジ」などです。
極端に尿をアルカリ性にしてしまいますと、カリウムの結石ができてしまいますので、痛風治療のレシピはバランスよく摂取することができるように作りましょう。

 

痛風治療の食事のレシピについて

痛風治療だからといって、一切肉を食べないのは逆に体に悪いということです。
バランスよく食べるのが、健康にはいいのです。

 

そこで「大根と牛肉のステーキ」という和食料理があります。
牛肉には良質なタンパク質が含まれており、ビタミンB2・B6、鉄、亜鉛をとることができます。
牛肉はもも肉を使うことにより、痛風の人には向いている部位といえます。
大根にはビタミンCやカリウム、食物繊維を豊富に含み、食物繊維は尿酸の排出を促す成分が含まれています。

 

このような痛風に効く食品のレシピはネットで簡単に調べることができます。

Sponsord Link