痛風 食事 注意

Sponsord Link


痛風にならないために、食事で注意すべきことは

痛風は高尿酸血症と呼ばれます。
体内の尿酸が異常に高くなることにより、発症する病気です。
痛風の怖いところは、腎障害、尿路結石、脳卒中、心臓病などの合併症を患う危険性が非常に高くなるのです。
そこで痛風にならないように気をつけるためには、不規則な食生活を正すことが第一であるといわれています。

 

一昔前までは、痛風になったら、痛風の原因であるプリン体を多く含む食品、例えばレバーやエビなどを食べにようにすることが、痛風のメインの治療法でした。
しかし、現在では摂取したプリン体よりも体内で生成されたプリン体の方が量は多く、痛風の原因であるとして、カロリーコントロールをメインに痛風治療をおこなうようになりました。
つまり、痛風にならないために食事で注意すべきことは、何でもかんでも多く食べ過ぎるのが痛風の原因になるので、食べる量を減らすことが痛風になるリスクを軽減すことに繋がっているのです。
また、尿酸を作らないように、尿を酸化させないように。アルカリ化する食べ物をとることが良いとされています。

 

アルカリ化する食べ物は、ひじき、ワカメ、昆布などの海藻類。
また、ごぼうや人参などの根菜類。
そして、バナナなども良いとされています。

 

痛風にならないために摂っておきたい食事と注意すべき食事

痛風にならないためには、尿酸値を下げればいいのです。
ではどのような、食事を摂ればいいのかといいますと以下のような品目の食べ物です。

 

バナナ、グレープフルーツ、わかめ、昆布、ひじき、寒天、ジャガイモ、里芋、牛乳、干し椎茸などです。
上記のような、体内をアルカリ性に保つものがいいのです。
一方、注意すべき食事は、鶏肉や豚肉、牛肉を使用した料理です。
またサバやカツオ、マグロなどを使用した料理も気をつけた方が良いでしょう。

Sponsord Link