痛風 食事 納豆

Sponsord Link


痛風時に食事制限すべきとされる納豆は食べても問題ありません

痛風でも納豆を食べていいんです

痛風を患うと食事してはいけないもののリストに、納豆や豆腐が入っていることありませんか。
納豆や豆腐のダイズ食品はプリン体が多いから避けるべきだという言説があります。
しかし、実際、科学的に検証すると、納豆や豆腐がプリン体が多いという事実はないそうです。

 

むしろ、納豆や豆腐を食事に取り入れることは大事です。
肉中心やシーフード中心の食生活に比べて、ダイズ食品のような植物性たんぱく質を中心とした食生活の方が、痛風発症のリスクを高めないという研究データもあるといいます。

 

もちろん、一日に納豆を5パックも6パックも過剰に摂取することはよくありません。
そんなことをすれば体を壊してしまうのは当然です。
しかし、そのような偏食は納豆でなくとも身体を壊すのは当然でしょう。

 

民間信仰を過信するのはやめよう

納豆や豆腐のようなダイズ食品は、過剰摂取さえいなければ、栄養学的に優秀な食品だとされています。
取り過ぎるわけではなく食事に取り入れるのは逆に身体にとってとてもよい結果を与えることになるでしょう。

 

納豆は血栓症の予防になるとも言われています。
ですが、逆に血液が固まるのを予防するワーファリンという薬の働きを妨げてしまう可能性があります。

 

納豆さえ食べておけば大丈夫!なんてことはありません。
自分の身体はどのような調子なのか。
どのようなものを求めているのか。
そのことをしっかりと自覚することが大事です。
自覚をすることで、必要なことが見えてくるでしょう。

 

民間信仰を信じこんでしまうのは危険です。
きちんと近代医療を信じるようにしましょう。
体の不調を自覚した時は、お医者様の診断を受けるようにしましょう。
きちんと直しておかないと、あとで泣くのは自分自身です。
病気に関しては慎重過ぎるぐらいがちょうどいいものです。

Sponsord Link