痛風 食事 原因

Sponsord Link


痛風の原因となるような食事をしないように気をつけよう

痛風の原因はプリン体

痛風が発症する原因となっているのは、乱れた食事と言われます。
特にプリン体が原因だと聞きますね。
しかし、食事でプリン体を大量に摂取すると何が問題になるのでしょうか。
プリン体はどのように痛風に関わるのでしょうか。

 

実はプリン体は体内で分解されると尿酸になります。
この尿酸値が上昇しすぎると痛風が発症してしまいます。

 

きちんと原因がなんであるか把握しておけば、それを踏まえた食事をすることができます。
こうすることで痛風の発症リスクを抑えることができます。

 

原因をきちんと見極めることで痛風と偽痛風を見極める

プリン体を多く含んでいる食べ物といえばレバーです。
実はあん肝もプリン体を多く含んでいる食品です。
他に、アルコールの中でもビールがプリン体を多く含んでいるといいます。

 

ただ、アルコール全てがアルコールを多く含んでいるというわけではありません。
ウイスキーのようにあまりプリン体を含まないアルコールも中には存在します。

 

食事の際は痛風の原因であるプリン体の存在を把握した上で回避するようにしましょう。
ただ、回避をするのはもちろん大事ですが、もっと大事なのはお医者様の診断を受けることです。

 

関節の痛みだけで判断すると、偽痛風と勘違いしてしまうこともあります。
これは外反母趾や関節リウマチに見られる症状です。

 

偽痛風の場合は、痛みは似たようなものであっても、原因となっているものが違います。
痛風の場合は尿酸が結晶化しますが、偽痛風の場合はピロリン酸カルシウムが結晶化して炎症を引き起こします。

 

つまり、偽痛風の際に痛風対策をいくらしても、原因が違うので意味がありません。
素人判断で痛風対策をするのではなく、お医者様に痛風と判断されてから治癒行動をするようにしましょう。
そこで慎重になることが大事です。

Sponsord Link