痛風 初期症状 足の裏

Sponsord Link


痛風の初期症状は足の裏にも出ることがあることを知りましょう

痛風の初期症状は足の指以外からも生じる

痛風の初期症状は本来、足の指から出るものだと思われています。
しかし、その固定観念に囚われすぎてはいけません。
同じ病気であっても、常に同じ症状を引き起こすわけではありません。
足の指が痛まないからといって、痛風ではないと決めつけるのは危険です。

 

例えば、痛風の初期症状は足の裏から始まる場合もあります。
これは痛風の初期症状が足の甲が痛んだり腫れたりすることから始まることがあるからです。
足の指だけでなく、足の甲や足の関節、アキレス腱の付け根などが痛み、患部周辺部に腫れが見つかった場合は速やかに痛風であることを疑い、お医者様に見せましょう。

 

痛風の関節炎、いわゆる痛風発作と言われる炎症の痛みは、一箇所だけがヒリヒリと痛むのが特徴だとされています。
そのようなヒリヒリの痛みを感じたらすぐさま病院に行くようにしましょう。

 

痛風発作を感じたら速やかに病院へ

そもそも耐えられるような痛みではありません。
ただ診察するお医者様を間違えると治るものも治らないものです。
お医者様には専門分野があり、その専門から外れると見当違いな診断を下してしまうことは多々あります。
治らない場合は他の分野のお医者様の元に訪れてみるのも手です。

 

痛風発作は放置すると、体中のあちらこちらで発作が発症します。
関節だけでなく、軟骨や皮下にたまりこみ痛風結節を生じることもあります。
痛風結節が生じた部位はどんどん破壊されていきます。
そこまで酷い事態に陥らぬように気を付ける必要があります。

 

痛風は以前は贅沢な食生活をしている中年男性だけが患うものだと考えられていました。
しかし、食生活や生活環境の変化によって、女性も若者も患うようになりました。
きちんと食生活には気を付ける必要にしましょう。

Sponsord Link