痛風 初期症状 小指

Sponsord Link


痛風の初期症状である激痛は小指に出る事もある

痛風の初期症状である激しい痛みがあらわれる部分といえば、まず足の親指の付け根が有名です。
しかし、普段から運動などによる負荷が高く、タンパク質が少なくて、温度が低いなどの条件がある部分なら、尿酸塩結晶は蓄積しやすいのです。
その特徴に足の親指などがドンピシャで該当するため、痛風患者のうち70%の方は、まず足の親指に激痛が走るわけです。
足の小指も親指と同様、重力などの負荷が集中してかかりやすいなど、似たような状況のため、痛風の初期症状として激痛に見舞われるケースもあります。
普段からスポーツなど激しい運動をしたわけでも、部屋でタンスの角に引っかけたりして突き指をしたわけでもないのに、足の指が痺れたり親指や小指が激しく痛む場合、まずは痛風を心配して、お医者さんで診てもらった方が良いでしょう。
ただし、バーデン結節、リウマチ、頸椎症などでも足の小指が痛くなりますし、脊髄腫瘍や脊髄空洞症、ギランバレー症候群、多発性硬化症、糖尿病や脳卒中などで、足の小指が痺れる場合もあります。
それらの症状が痛風の初期症状か、それ以外の病気の症状か、はっきりさせるためにも、やはり専門医の診察が必要なのです。

 

痛風は小指が痛くなる前段階の初期症状が出たら治療する

といっても、痛風の初期症状としての痛みは、親指にしろ小指にしろ、かなり激しく、熱をもったりして腫れ上がるので、実際には1週間ぐらいして痛みがおさまらないと、お医者さんまで行くのも一苦労かもしれません。
痛みがなくなったからと、お医者さんに診てもらわないままでいると、痛風を重症化してしまう恐れもあります。
せっかく足の親指や小指付近が痛み出して、痛風かもしれないと教えてくれるのですから、初期症状が知らせてくれる警告には素直に従った方が、重症化してからの苦労を考えると賢明かもしれませんね。

Sponsord Link