痛風 初期症状 踵

Sponsord Link


痛風の初期症状で踵が痛くなる事もある?

痛風の典型的な初期症状といえば、まず親指の付け根の激痛で、およそ7割の痛風患者の方が該当します。
しかし、初期症状が出るのは親指だけとは限りません。
踵の激痛でお医者さんに診てもらって、痛風だと気づくケースも多いのです。
身体の部位によって、尿酸塩結晶ができやすい所には、共通した特徴があります。

  • 比較的体温が低い部分
  • 運動で負担がかかりやすい部分
  • 酸性度の高い部分
  • タンパク質の少ない部分

 

これらに該当する部分に尿酸塩は蓄積しやすいのです。
ただし踵が痛いから必ず痛風とは限りません。
痛風の痛みは、かなり激しくて、歩くどころか何かに触れる事もできないぐらいです。
関節部分に蓄積した尿酸塩結晶を、白血球が「敵(異物)」と認識して攻撃するため、あの痛風特有の激痛が起こります。
しかし、普段から特に尿酸値の値も高くないという方は、単に踵の骨の形が尖ってるなど、他の原因で痛くなる場合もあるので、なにはともあれ、一度しっかりと整形外科で診てもらった方が確実です。

 

痛風の初期症状を放置したら踵に激痛が

最初は親指が激しく痛くなったけど、しばらくしたらおさまったので治療せず放置しておいた後、つまり痛風の初期症状が出たのに、何も対処しなかった結果、痛風が進行してしまい、踵や踝、足の甲まで痛み出す事もあります。
適切な治療をせずに放置すると、痛風の痛みが頻繁に広範囲に起こるようになり、やがて急性痛風関節炎が慢性痛風性関節炎になり、痛みが持続するなど、もっと辛い状態になります。
更に痛風を放置した場合で怖いのは合併症で、尿路結石や腎不全、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などに罹りやすくなります。
面倒がって放っておいて、もっと面倒な事にならないよう、足の親指の激痛など痛風の初期症状を自覚したら、すぐに適切な治療を受けて、踵まで痛み出さないようにしたいものです。

Sponsord Link