痛風 初期症状 ひじ

Sponsord Link


痛風の初期症状で、ひじが痛い場合

痛風の初期症状で最も多く、しかもよく知られているのが、足の親指の付け根部分の激痛です。
痛風患者のおよそ70%の方が、足の親指付け根が痛み出して、ご自分が痛風かもしれないと気づくといわれてます。
しかし、それ以外の箇所が痛むケースも皆無ではなく、例えば足の甲や踵、膝が痛いという方も、いらっしゃるようです。
痛風の初期症状の特徴である激痛は、ほとんどが下半身に集中してるケースが多いのですが、ひじや肩、膝など上半身が痛い場合もあります。
関節部分に尿酸塩が蓄積するのが痛風に共通した特徴ですから、痛むのは親指の付け根だけに限りません。
でも、ひじや肩など、上半身に激痛が起こっている場合、その痛風はある程度進行してる状態といわれます。

 

ひじが痛くなる前の初期症状段階で痛風を治療しておく

痛風の痛みは年に1〜3回で、それぞれ数日から1週間ほどで痛みが治まるのですが、足の親指の付け根やかかと、足の甲などの痛みがなくなったからと、それで治ったと思って、お医者さんに診てもらわない方も多いようです。
でも放置してると、次第に年間を通した痛みの間隔が短くなっていったり、痛む箇所が拡がったりして、痛風がより重症化してしまいます。
重要化すると、下半身以外の手首やひじ、耳などにも痛風結節ができて、痛くなったりします。
ひじにまで激痛が及ばないよう、足の親指など尿酸が貯まりやすい下半身に痛みが生じる痛風の初期症状が表れたら、痛みが治まった後も放っておかないで、お医者さんに診てもらうようにしましょう。
そして、ウニやビール等を控えてプリン体の摂取を控えたり、水を多く飲むなど、腎臓の尿酸排泄機能を促進させるようにして下さい。
最近の研究結果によると、尿酸の2/3は腎臓を経て排出されますが、残りの1/3は腸管から便として排泄される事が明らかになりましたので、便秘予防にも努めましょう。

Sponsord Link