痛風 初期症状 指

Sponsord Link


足指関節の激痛は痛風の初期症状?

痛風の初期症状として、よく知られているのは足の親指の激痛があります。
痛み出すのは夜中から明け方が多いようですが、これは日中に比べて血の流れが悪い時間帯だからです。
痛風の激痛は、トゲトゲした尿酸塩の結晶が関節部分に蓄積して神経を刺激するためですが、激痛ほどではない軽い痛みや、「しびれ」を感じる方もいらっしゃいます。
ただし、しびれの原因も様々ですし、痛風以外の病気に罹ってるかもしれないので、まずはお医者さんに診てもらった方が安心です。
痛風の初期症状が表れるのが足の親指からというケースは、痛風患者の70%〜90%ぐらいですが、足の甲や踝、あるいは手指の関節部分から痛み出す方もいらっしゃいます。
いずれにせよ、手や足の痛みやしびれなどがあったら、そのまま放置しない事が大切です。
痛風の初期症状の痛みは激しくて、足が真っ赤に腫れ上がってしまい、靴さえ履けない状態になる事も珍しくありません。

 

足指の激痛など痛風の初期症状が出た後どうするか

そんな激痛も2〜3日から1週間程で治まっていきますので、何とか歩けるようになってから医院に行くようにすれば良いですね。
痛みが一旦治まって初期症状が治まったからと、そのまま放置しても、いずれは再発しますし、痛む箇所も親指から足の踝、肘、手、耳など、比較的体温が低い部分に拡散したりと悪化していきます。
痛みが拡散した状態だと、痛風が進行しているので、そうなる前に治療しておきたいです。
足の親指の痛みなど痛風の初期症状がまだ表れてない方でも、尿酸値が7.0mg/dl以上ある場合「高尿酸血症」で、いつ痛風に罹っておかしくない状態です。
内科か整形外科などに行って治療や対策をしておかずに放置すると、痛風を発症したり、糖尿病や腎不全、心筋梗塞などの合併症に罹る事も多いので、キチンと診察・治療を受けるようにしましょう。

Sponsord Link