痛風 初期症状 女性

Sponsord Link


痛風患者の女性は増加中ですので初期症状に気をつけましょう

女性の痛風患者は何故少なかったのでしょうか?

 

かつて痛風は男性特有の病気と考えられる傾向がありましたが、今では痛風の女性患者は増えつつあります。
ですので、痛風の初期症状をきちんと知っておくことは男性だけの問題ではなくなっていいます。

 

そもそも、痛風になりがちなひとの特徴とはどんなものでしょうか。
それは”ビールをよく呑む”、”グルメで偏食の傾向がある”、”大食い”がそれにあたります。
こうして見ると、確かに働き盛りの男性の食生活に該当するものが多いようです。
しかし、女性に患者が増えているということは女性の食生活が男性的になりつつあるのでしょうか。

 

いえ、違います。
実際は食事の傾向だけで男性ばかりが痛風を患っていたわけではありません。
女性が男性的な食事をしたとしても女性は痛風を患いづらかったのです。
種明かしをしましょう。
女性ホルモンに”尿酸の排出を促す作用”があることが、女性と痛風を縁遠くさせていた一番の理由でした。

 

何故、今、女性の痛風患者が増えつつあるのか

実はホルモンバランスを崩してしまう女性が増えています。
そのため、女性の痛風患者も増えているんです。
女性がホルモンバランスを崩してしまう理由、それはストレスや偏食、睡眠不足が原因のひとつだとされています。

 

働くのは男性の仕事だとされていたのは今は昔。
今では女性が働くのも当たり前の時代となりました。
ストレス、偏食、睡眠不足はひとり暮らしで働く独身特有の疲労だったのかもしれません。

 

ストレスはビタミンCを消費します。
もちろん、肌にもよくありません。
痛風だけでなく、様々な弊害が出ていることを理解した上で対策をとるべきでしょう。

 

痛風の初期症状は足の親指の激痛に現れることが多いです。
何の原因もなく痛みを感じることがあれば、内科か整形外科をお医者様に診てもらいましょう。

Sponsord Link