痛風 初期症状 しびれ

Sponsord Link


痛風の初期症状かもしれないしびれを感じたら診断を受けましょう

しびれを感じたらお医者様を頼りましょう

痛風の初期症状は足の親指の激痛であるとされがちですが、実際はしびれが先に来ていると言われています。
ただ自覚されにくいものであり、そのしびれをただの違和感として見落としてしまうことは多いようです。
それほどまでに微々たるしびれです。

 

痛風の場合は、しびれを放置するとしびれの時間がどんどん長くなるようです。
痛みを伴うようになり、そしてよく言われている激痛が走るとされています。
ただ、しびれ自体は様々な病気の兆候でもあります。

 

もし、足を何処かにぶつけてしまったとか、上から何かを落っことしてしまったとか、そうした物理的被害が心当たりにない状態でしびれが発生した場合は、痛風やその他の病を疑う必要があります。

 

しびれの場合は、神経が圧迫されてしまっている場合や、糖尿などの病気を罹患している可能性があります。
まずは内科にいって診断してもらいましょう。
そこで投薬等の治療行為を受け、それで経過を見ましょう。

 

もし、内科の治療で改善が見られない場合は診療科を変える必要があります。
次は整形外科にも診断を受けてみてください。
内科と整形外科の診断をうければ、大抵の痺れの原因は突き止められるはずです。

 

早期発見早期治療で簡単治癒を目指しましょう

しびれが痛風を起因とするものであれば、その段階で食事療法をはじめることで、痛風を改善することは可能です。
どんな病気であっても、早期発見であれば簡単な治療で治癒することが可能です。

 

ただ、しびれがあるからといって確実に痛風だというわけではありません。
他の病気の可能性を考えることなく、痛風の改善だけにつとめるのはやめましょう。
痛風だと決めつけたことで、他の病気が進行してしまう可能性があります。
体の不調を感じたら、すみやかにお医者様の診断をうけてください。

Sponsord Link