痛風 初期症状 原因

Sponsord Link


痛風の初期症状が発症したら原因を思い出して行動しましょう

痛風の原因は尿酸

痛風の初期症状といえば、足の指が猛烈に痛むことで知られています。
しかし、その原因は何なのでしょうか。
プリン体がどうのこうのという話もありますが、実際問題となっているのは尿酸です。
体内の尿酸値が高まると痛風は発症します。

 

ただ尿酸が直接害をなすわけではありません。
尿酸が体内に溜め込まれすぎると、尿酸が結晶化します。
その結晶が骨節等に生じることで関節炎が発生してしまう。
だから腫れた上で痛みが発生します。それが痛風の初期症状のメカニズムです。

 

尿酸が痛風発作を引き起こす原因です。
尿酸はプリン体が分解されると大量に発生します。
ですので、プリン体を大量に保有しているとされるビールの飲み過ぎやレバーの食べ過ぎは痛風発作を発生させる主要因となります。

 

かつては中年男性が痛風を患いやすい傾向にありました。
今は食生活や社会動向の変化によって、若年であっても女性であっても痛風を患うひとは増加傾向にあります。
誰もが気をつける必要があることを知りましょう。

 

症状の原因を知ることで治癒は早まります

原因を取り除くことで痛風の初期症状から解き放たれます。
尿酸を排出する為の薬や、尿酸を体内が作り出す機能を弱める薬の投与は効果があります。
もちろん、プリン体の摂取自体を制限することも必要不可欠です。
それが痛風が発生した際に食事制限が必要とされる理由です。

 

やみくもに食事制限をすればよいというわけではなく、ビールやレバーのようなプリン体を多く含んでいると言われる食品を避けることが大事です。
逆に野菜は多く摂取する必要があります。
コーヒーの摂取も痛風に効くとされています。

 

初期症状の原因を知ることで、痛風を治癒する為にはどんなことが必要なのかを改めて考えるようにしましょう。
原因がわかっていれば、より悪化するような行動を慎むことができます。

Sponsord Link