痛風 症状 原因

Sponsord Link


痛風ってどんな病気ですか?

発作が治まっても油断してはいけません!

 

痛風は完治しない病気と言われています。
しかし、症状を抑えることは可能です。

 

痛風の発作は幾通りもの種類が存在します。
そのどれもこれもが耐えがたいほどの痛みを伴うものです。
発作は一時的なもので1週間から2週間で症状自体は治まります。
ですが発作が起きていいない間も症状を和らげるための処置を怠れば、症状は更に悪化していきます。

 

放置すれば果てには身体の運動機能に支障すら起こしてしまうのが痛風の怖いところです。
痛風の発作が起これば耐え難い激痛が発症するため、病院にいかないひとは少ないとは思いますが、痛風の発作が発症した場合はすみやかにお医者様の診断を受けてください。
そうしなければ、取り返しの付かない事態を引き起こしてしまう危険性があります。

 

決して楽観視しないでください。
痛風の疑いがある場合はすみやかに病院に行きましょう。

 

痛風の発作は様々なものがあります

痛風は急性の関節痛からはじまります。
この発作が何度も起こった関節は変形し、破壊されてしまいます。
注意してください。
また足首や膝の関節が腫れて痛むようにもなります。
しかし、勘違いしてはいけません。痛風はただの関節炎ではありません。
体中に尿酸がたまってしまう全身病だとお考えください。
ですので、関節だけにとどまらず、体中に小さなこぶやしこりが現れるようになります。

 

これらは尿酸結晶が結石化したものです。
結石があちこちに発症することには、内蔵にも障害が発生します。
腎障害や尿路結石のような合併症が発症します。
こうなると内蔵の機能は低下し、尿に赤血球やタンパク質が混じるようになります。

 

他にも肥満高脂血症、糖尿病、高血圧症のような生活習慣病が併発することもあります。
放置し続けると身体に機能障害が発生する危険性もあります。

痛風に良い食事と悪い食事とは?

痛風を悪化させてしまう食事はこんな食事です!

 

まず、一番に気をつけて欲しいのはお酒です。
軽い晩酌程度なら、そこまで問題になりません。
しかし過剰摂取は危険です。
プリン体の排出を阻害してしまいます。
また一般的にはレバーやカツオ、スルメ、マッシュルームもあまりよくないとされています。

 

一番もっとも避けるべきは白子や明太子です。
意外とされるのはカロリー0を謳い文句にした清涼飲料だそうです。
これを摂取すると尿酸の排出を阻害してしまうと言われています。
またカフェインもよくないです。
コーヒーやお茶を摂取しすぎるのはやめましょう。

 

食生活としては、体に悪いダイエットと大酒呑みはやめた方がよいでしょう。
これをやめるだけで、痛風になりやすい食生活から一気に抜け出すことができる傾向にあります。
ダイエットをするのであれば、身体に無理をさせない運動とバランスのよい食事と心がけるようにすることをオススメします。

 

痛風に良い食事はあるのでしょうか?

痛風に悪い食事はどんなもの?と聞かれると、いろんなものがあがります。
総じていえば不摂生なのがいけない食事なのですが…。

 

逆に、痛風に良い食事はどんなものときくとなかなか思いつきません。
そんなときは、悪い食事の逆を思い浮かべればよいのです。
例えば、カフェインがよくない。
だからコーヒーやお茶の摂取は控えなければいけません。
しかし、水分不足も痛風を引き起こす要因です。
だから水を摂取するようにしましょう。
ただ、水だけを摂取するといろんな栄養分が足りなくなってしまいます。
ポカリスエットのようなスポーツ飲料水を摂取するのも手ではないでしょうか。
また、いちごやさくらんぼ、ブルーベリーは尿酸値を下げると言います。
これらを食事の後のデザートとして摂取してみましょう。

痛風って完治しないのですか?

まずは尿酸値が上昇する原因を知りましょう!

 

痛風は尿酸が全身に溜まってしまうことで発症します。
医学的には高尿酸血症と呼ばれます。
尿酸値をコントロールすることが必要不可欠です。
では、尿酸値は何故上昇してしまうのでしょうか。

 

まずひとつは、遺伝的要因があると言います。
家族や親族に痛風や高尿酸血症になっているひとが居ないか調べてみましょう。
また一番気にすべきは食生活や生活習慣です。
ここを気をつける必要があります。
ごはんはゆっくりじっくりと食べましょう。
腹八分目を心がけて摂生することもよいでしょう。
アルコールの過剰摂取も控えるようにしましょう。
いわゆる健康的な生活を送ることで尿酸値をコントロールすることはできます。
また、急激な運動やストレスを感じることで尿酸値は上昇します。

 

こうした原因を知ったなら自分の人生と照らしあわせてみましょう。

 

症状を和らげる為には尿酸値をコントロールしましょう

痛風は完治することが難しい病気です。
だからこそ、しっかりと療養することです。

 

ダイエットをしているひとは、そのダイエットの仕方をきちんと見直す必要があります。
水分摂取を怠っていませんか。
激しい運動をし過ぎていませんか。
軽い運動に切り替えましょう。

 

「納豆だけを食べる」「りんごだけを食べる」のような偏った食事や栄養バランスを理解した食事をするようにしましょう。
また、食事だけではいけません。
食事を気をつけるのは当然として、きちんと尿酸値を下げる薬を服用する必要があります。
どんな薬を服用するのかはきちんとお医者様の指示に従ってください。
発作が起きた時は尿酸値を下げる薬とは違う薬が必要です。
服用するときは間違えないように気をつけましょう。
尿酸をコントロールすることができれば、痛風発作が発症することはありません。
発作が多発すると骨に異常が来されるので注意しましょう。

Sponsord Link